福祉経営情報
福祉経営情報
文書作成日:2020/02/29


 2019年12月に発表された調査結果(※)から、介護サービス別の1人あたり収入や支出に関するデータをみていきます。




 2018年度決算における介護サービスごとの利用者1人あたり収入や支出の状況をまとめると、下表のとおりです。
 サービスの種類によって金額に差はありますが、居宅介護支援以外は利用者1人あたり収入が支出を上回りました。収支差率では、定期巡回・随時対応型訪問介護看護が8.7%で最も高くなっています。





 収支差率について2017年度からの増減をみると、22サービス中14サービスがマイナスとなりました。プラスとなった8サービスの中では、定期巡回・随時対応型訪問介護看護が2.4%で最も高い状況です。
 現状確認として、貴施設の数値と比較してみてはいかがでしょうか。


(※)厚生労働省「令和元年度介護事業経営概況調査結果の概要
 すべての介護保険サービスを対象に、層化無作為抽出した15,208施設・事業所を対象に、2019年5月に行われた調査です。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。

CONTACT

税理士法人 亀岡合同総研
株式会社  亀岡合同総研

〒550-0004
大阪市西区靱本町1-12-6
     マツモト産業ビル8階
Tel:06-6445-1311
Fax:06-6445-1585